自転車保険との違いは?

日常生活における賠償責任を補償してくれる個人賠償責任保険。

一方、自転車事故で相手にケガをさせたりモノを壊したときなど、
偶然な事故による損害賠償を補償してくれる 自転車保険

どちらも損害賠償を補償してくれますが、
2つの保険にはどういった違いがあるのでしょうか。

個人賠償責任保険と自転車保険の違いについて調べてみました。

個人賠償責任保険

賠償責任保険は他人にケガをさせたりモノを壊したときなど、
日常生活における損害賠償金を負担するときに補償してくれます。

クルマやバイク、原付を運転しているときは対象外ですが、
自転車に乗っているときは補償対象になります。

また、子どもや配偶者などの家族も補償されるので、
1人ひとり契約する必要はなく家族単位で契約すれば大丈夫です。

自転車保険

自転車保険は自転車に乗っているときの事故に加えて、
歩いているときや買い物しているとき、サッカー等のスポーツしているときなど、
普段の生活における過失でも補償されます。

また、子ども配偶者といった家族も補償対象になります。

つまり、個人賠償責任保険と同じ補償内容で、
原則として保険名の総称としての呼び方が違っているだけになります。

2つの保険の違い

通常、賠償責任に対する補償だけの保険を個人賠償責任保険と呼んでいます。

一方、自転車保険は賠償責任補償に加えて、
死亡や後遺障害、通院、入院に対する補償がセットになっています。

つまり、賠償責任補償だけなら個人賠償責任保険、
生命保険や傷害保険などがセットになっていれば自転車保険ということになります。

まとめ

2つの保険の違いは、死亡や後遺障害、入院、通院など、
賠償責任補償以外がセットになっているかどうかになります。

すでに、生命保険や医療保険などに加入済みで補償も十分なら、
自転車保険は必要なく 単体の個人賠償責任保険 に加入すれば大丈夫です。

反対に、自動車保険などの特約として個人賠償責任補償だけ加入済みなら、
自分のケガに対する傷害保険などを検討することになります。

いずれにしても、契約中の保険がかかわってくるため、
家族が加入している保険も含めて見直す必要がありそうです。

個人賠償責任保険のおすすめ記事