レンタル品の破損や紛失は補償される?

急速に浸透しつつあるシェアリングサービス。

マンションなどの空室を貸し出す民泊や相乗りできるライドシェアなど、
ネットを利用した新しいサービスが広がってきています。

また、レンタカーやスキー・スノボ用品、貸衣装などは以前から利用されており、
短期間なら購入するよりも金額も抑えられるメリットがあります。

ただ、レンタル品を傷つけたり汚したり失くしたりしたときは、
原状回復するための費用を負担する必要が出てきます。

そうなると、せっかく安く済ませたのに修理代がかかってしまい、
新品を購入したほうが良かったことになります。

そこで、レンタル品を破損したり紛失した場合、
個人賠償責任保険に加入していたら保険が下りるかどうか
調べてみました。

賠償責任保険

個人賠償責任保険は日常生活における賠償責任を補償してくれる保険で、
自転車事故など 支払事例 のようなケースで保険金が下ります。

クレジットカード会員ならほぼ単体の保険に加入 できますが、
それ以外では自動車保険などの特約として加入することが増えています。

そのほかに、傷害保険や火災保険などにも特約としてセットされており、
意図せずに加入しているケースも多くあります。

賠償責任保険が下りないケース

個人賠償責任保険では 保険が下りないケース として、
自動車やバイクの運転中、仕事中、借りたり預かったモノがあります。

そのため、スキーレンタルやDVDレンタル、貸衣装、スーツケースなど
レンタルサービスで借りたモノ全般が対象外になります。

そのほかに、家族や友人から借りたりモノについても同様に補償外です。

受託物賠償責任保険

そのため、レンタル品を失くしたり壊したときの補償はありません。

そこで、新しく受託物賠償責任保険を加入することで、
借りたり預かったりしたモノも補償されるようになります。

受託物賠償責任保険であれば、紛失や破損などに加えて盗難でも補償されます。

スキー用品やゴルフセット、スーツケースなど、
屋外で使用するモノは盗難に遭う可能性があるので心強いです。

ただし、受託物賠償責任保険でも対象外になるモノがあります。

お金や株券、手形、預貯金証書、有価証券といった金券類、
指輪などの貴金属、骨とう品や書画、彫刻などの美術品に関するモノ、
自動車やバイク、原付、船、飛行機などが補償外になります。

さらに、ペットなどの動物や植物なども対象外なので、
友人などの留守中に預かった犬や猫は補償されないので注意が必要です。

受託物賠償責任保険の加入方法

受託物賠償責任保険も個人賠償責任保険の同様にして、
そのほかの保険の特約として加入することが増えています。

そのため、三井住友カード会員限定のポケット保険 であれば、
新しく加入するときでもネット上でカンタンに手続きできるのでおすすめです。

しかも、ネット上で保険金額を自由に変更可能で、
保険金10万円の補償であれば月額130円と小額になっています。

別途、入院補償500円/日で月額40円などの基本契約が必要になりますが、
それでも合計で170円/月と安価で済みます。

さらに、個人賠償責任保険などもまとめて加入することも可能です。

また、保険金20万円なら200円/月、30万円で240円/月と、
ニーズに合わせて補償金額を変更することもできます。

あらかじめクレジットカードを用意する必要がありますが、
エブリプラスカード なら年会費永年無料なので追加負担もなく安心です。

まとめ

個人賠償責任保険ではレンタル品は補償されないので、
あらためて受託物賠償責任保険に加入する必要があります。

最近ではレンタルサービスを使う機会も増えているので、
ひんぱんに利用するようであれば万が一に備えておくと安心です。

ただ、特約として加入するケースがほとんどのため、
損害保険など加入済みの保険契約を見直す必要が出てきます。

三井住友カード会員限定のポケット保険 ならネット加入できるほか、
途中変更や退会もネットで完結できるのでカンタンです。

車やバイク、金券、美術品、動物、植物といった補償外には注意が必要ですが、
毎月の掛金も小額なので十分に検討する価値はありそうです。

個人賠償責任保険のおすすめ記事