単体販売で無制限の個人賠償責任保険を探してみました!

自転車による人身事故で1億円近い賠償判決が出るなど、普通に暮らしているだけでも高額な賠償責任を負う可能性があります。

しかも、子供の事故であっても親の監督責任が問われるケースも。

そんな万が一に備えるには、加害者になったときの賠償責任を補償してくれる個人賠償責任保険がおすすめです。

現在、保険金1億円のところが多くなっており、これまでの判例から考えると十分かもしれません。

ただ、自動車保険のように無制限であれば、どんなときでも安心です。

そこで、単体販売で無制限の個人賠償責任保険がないか探してみました。

単体販売の無制限補償は見つかりませんでした

結論からいうと、単体販売で無制限の個人賠償責任保険は見つかりませんでした。

そもそも、単体で販売されている個人賠償責任保険がほとんどない状況です。

以前は単体販売の保険が多くありましたが、現在は自動車保険や傷害保険などの特約として加入することがほとんどです。

しかも、無制限の賠償責任保険は自動車保険の特約のみとなっています。

そのため、現時点で単体販売で無制限の個人賠償保険は見つかりませんでした。

無制限にこだわるなら自動車保険特約

無制限の賠償責任補償にこだわるなら、自動車保険の特約として加入することになります。

おとなの自動車保険 や損保ジャパン日本興亜の「THE クルマの保険」など、 複数の自動車保険で 無制限の賠償責任特約 を契約することができます。

もし加入済みの自動車保険に無制限の賠償責任特約があれば、契約途中でも特約追加することができます。

もしなければ、自動車保険の契約更新のタイミングで保険会社を切り替えることになりそうです。

ほぼ単体販売で保険金3億円

無制限ではありませんが、三井住友VISAカードのポケット保険 なら賠償保険金を3億円まで引き上げられます。

月額40円の傷害入院1日あたり500円補償とセットになりますが、月額150円の賠償責任1億円を特約追加して合計190円で加入することができます。

さらに、契約時の賠償責任金額を2億や3億円に引き上げることも可能です。

2億円なら月額160円で合計200円、3億円でも月額170円で合計210円と差額10円で補償保険金も1億円アップします。

無制限ではありませんが、これまでの賠償判決を大幅に超える補償金額になります。

そのため、自動車保険に未加入であれば選択肢の1つになりそうです。

まとめ

今のところ、賠償責任が問われる裁判で1億円を超える事例はありませんが、将来的にはより高額な支払い命令が出る可能性もあります。

毎月のそれほど掛け金は変わらないのであれば、できるだけ賠償金補償が高い保険を選んでおきたいところです。

ただ、単体販売で無制限の保険は見つからなかったので、無制限にするなら自動車保険の特約で加入することになります。

上限金額が3億円までアップできる ポケット保険 もおすすめで、加入から変更、解約まですべてネットで手続きできる手軽さも魅力です。

しばらくは上限1億円で契約しておいて、状況をみながら途中で2億円や3億円に増額するといった契約もカンタンです。

カード加入者の団体保険になるため三井住友VISAカードが発行するクレジットカードが必要になりますが、 RevoStyleカード なら年会費永年無料で負担なく利用できます。


個人賠償責任保険のおすすめ記事
個人賠償責任保険一覧リスト
 
TOPページへ戻る