保険料が最も安い個人賠償責任保険は?

日常生活における万が一に備える個人賠償責任保険。

今では、全国の自治体で 自転車保険の義務化 が広がっており、
もはや欠かせない存在になってきています。

とはいえ、やはりそれなりの出費になるので、
少しでも安い掛金で済むようオトクな保険を探したところです。

そこで、毎月もしくは毎年の保険料が安い保険を集めてみました。

保険料の比較条件

個人賠償責任保険は単体で加入できる保険がほとんどなく、
自動車保険や火災保険などの特約として加入するケースが多いです。

そのため、ベースとなる保険料は除外して、
賠償責任保険の特約費用のみで比較しています。

また、保険によって免責(自己負担金)の有無や金額に違いがありますが、
そういった諸条件を考慮しないで純粋に年間の掛金だけで比べています。

ただし、保険金の上限はくらいに設定するべきか? にあるように、
高額賠償に備える目的から保険金1億円以上の保険を条件としました。
(ペット保険の賠償上限500万円などは除外しています)

そのほか、自動車保険の特約などで契約者によって保険料が変わるケースもあり、
年間の保険料が確定しない保険は除いています。

年額1,680円 ポケット保険 自由設計コース

ポケット保険は 三井住友VISAカード会員専用の保険 で、
クレジットカード所有者であれば誰でも加入することができます。

年会費永年無料のエブリプラスカード など、
三井住友VISAカードが発行するクレジットカードが対象になります。

インターネット上で申し込みから確認、変更、解約まで、
すべて手続きできる
ことが魅力となっています。

保険料は毎月150円(自由設計コース、傷害入院500円/日、賠償責任1億円)、
年間1,680円ですが月払いのため途中で解約することも可能です。

いつでも保険金は2億円や3億円(月額10円UP、20円UP)に変更できるほか、
示談交渉を代行してくれるサービスも標準で付帯しています。

1回の事故につき5,000円の免責(自己負担金)が必要ですが、
少額なので高額賠償に備える目的からするとあまり気にする必要はなさそうです。

年額1,680円 coop共済 個人賠償責任保険

生活協同組合(生協)の組合員であれば加入可能で、
coop(コープ)共済の生命保険などに特約として契約することができます。

個人賠償責任保険だけで加入することはできないため、
最も安い《たすけあい》医療コースのV1000コースなどの特約として、
年額12,000円(月額1,000円)+特約1,680円の13,680円/年が最低でも必要になってきます。

補償金額は最高3億円で、示談代行サービス付きとなっています。

資料請求または近くの生協の窓口などで生協の組合員加入の上、
保険申込書の提出、初回掛金の銀行引落しで補償開始となります。

年額1,750円 三井住友海上 ケガの保険 日常生活賠償特約

三井住友海上の「GK ケガの保険」の特約として加入することができます。

月払(口座振替)保険料は150円ですが、
年払いすると50円割引されて1,750円と少し安くなります。

こちらも日常生活賠償特約のみでの加入はできないため、
傷害保険に加入したうえで特約加入することになります。

保険金3億円、示談代行サービス付きで、
原則として代理店を経由して申し込むことになります。

年額1,800円 JCBトッピング保険 日常生活賠償プラン

JCBトッピング保険 はJCBが発行するクレジットカード保有者限定の保険で、
6種類の保険の1つとして「日常生活賠償プラン」に加入することができます。

補償内容は、保険金1億円、示談代行サービス付きとなっています。

国際ブランドとしてJCBマークが付いている場合でも、
楽天カードなどの他社が発行するクレジットカードは不可で、
JCB CARD【R】 などのJCB発行カードが必要になります。

JCBトッピング保険は免責なし、ネット解約不可に対して、
ポケット保険は免責5,000円、ネット解約可といった違いがあります。

まとめ

月額140円、年額にして1,680円が最安値になりました。

ただ、coop(コープ)共済や三井住友海上は手続きにテマがかかり、
ネットだけで保険加入することは難しいです。

一方、クレジットカード会員専用保険であれば、
書面などの煩雑さはなくネットで手軽に加入できる魅力があります。

特に、 ポケット保険 なら加入から解約までネットで完結するほか、
途中で補償金額をアップさせたり傷害保険などを追加することも可能です。

エブリプラスカード などのクレジットカードを作る必要はありますが、
保険金1億、示談交渉サービス付帯と補償内容も十分で、
しかも手続きがカンタンで保険料も安くておすすめです。

個人賠償責任保険のおすすめ記事